東京勤医会のHOMEへ戻る

事業所紹介TOP診療所TOP

農大通り診療所
写真
だれでも安心してかかれる診療所をめざします
地図 〒156−0052
東京都世田谷区経堂1-5-6
パルファム経堂1階
TEL:03-3439-6051
FAX:03-3439-6829
Email:noudaisin@tokyo-kinikai.com


所長あいさつ

 農大通り診療所は、1995年創立以来、健康管理・予防・在宅医療を重視して活動してきました。今日を迎えることが出来ましたのは、診療所を支えていただいた多くのみなさんのおかげです。ありがとうございます。
 現在、医療を取り巻く環境はきびしいものがあります。医療費抑制政策が進行する中で、お金がなければ医療にかかれない状態で、国民の健康は危機にひんしています。
 私たちは、世田谷区内の医療・福祉に関わるみなさんとカを合わせて、老後も安心して過ごせる世田谷区を作りたいと思います。
 また、一人ひとりの患者さんの要望を大切にしながら、元気で長生きしていただくための援助に力を尽くします。
 所長に就任して5年超過し、地域のみなさんの期待をひしひしと感じています。職員一同力を合わせて期待に応えたいと思います。今後とも宜しくお願いします。(2012年5月)

吉田 廣海

<所長略歴>
1944年3月静岡県沼津市で生まれ、1945年7月、広島へ
1963年3月広島県私立修道高校卒業
1970年3月東京大学医学部卒業、同年4月大田病院入職
1985年5月大田病院院長就任
1994年4月代々木病院院長就任
2001年8月クリニック千駄ヶ谷所長就任
2007年1月農大通り診療所就任


 外来診療

写真●診療科
  内科・循環器科・呼吸器科・リウマチ科
  アレルギー科・在宅訪問診療

  当診療所での診療・治療とともに、病状に応じて他の医療機関等のご紹介もしています。

 外来診療表

は所長
受付時間
午前
9:00 〜 12:00
    訪問診療 訪問診療    
午後 (注)隔週あり
15:00〜
 18:00
休診
14:00〜
 16:30
休診 休診       
訪問診療 訪問診療 訪問診療 訪問診療 訪問診療  
 ※区民健診・被爆者健診・東京土建健診もできます。

<診療案内>
1:総合内科、循環器内科
 病気でお悩みの方のあらゆる相談に応じます。必要によっては、専門医へ紹介します。臨床研修後期プログラム家庭医療コースの研修指定施設になっています。
 循環器については、特殊な検査治療を除いて専門医として対応します。
 循環器疾患の身体障害者手帳診断の資格医を持っています。ご利用ください。
 入院が必要な揚合は、センター病院である代々木病院や登録医として連携して いる関東中央病院、東京医療センター、東邦大学医療センター大橋病院にお願いしています。
 認知症や脳血管障害については、地域連携クリティカルパスを利用しています。
 通院困難な方は、世田谷健康友の会の送迎サービスがあります。友の会と相談してください。

2:リウマチ内科
 国立病院機構相模原病院リウマチ科の協力を得て、水曜日午前に専門外来があります。
 (水曜日午前・金曜日午前・土曜日午前)

3:血液内科
 週1回(金曜日午前)専門医の外来単位があります。

4:被爆者医療
 被爆者医療に長年携わっている専門医の外来が月曜日午後にあります。
 同時に被爆者健診もおこなっています。

5:在宅訪問診療
 当院は、24時間対応の在宅療養支援診療所(強化型)になっています。現在、世田谷区全域、一部杉並区、調布市にも訪問の足を広げています。
 日祭日を除き月曜日から土曜日の毎日訪間診療があり、臨時の往診にも対応しています。外来通院が困難になりお困りな方の相談はいつでもお受けします。また、皮膚科、耳鼻科、精神科、眼料の他科の往診医とも連携しています。是非、ご利用ください。

6:健康診断
 世田谷区の国保健診、東京土建健診をはじめ、各種団体や個人の健診をおこなっています。当日、レントゲン写真、心電図を結果説明をおこないます。年に数回の日曜日での健診も予定しています。結果は一週間以内にご説明できます。

7:もの忘れ相談外来を開始いたします。
 もの忘れ外来を開始します。開始は、2013年1月9日(水)午後3時半〜予約診療です。長谷川式テストを実施します。専門外来への紹介もおこないます。
<実施開始日> 
2013年1月9日(水)から

※もの忘れ相談外来の詳細はこちら

 医療設備のご紹介

血液検査 貧血や肝機能・腎機能、コレステロール。血糖などを測定します。
レントゲン検査 肺炎や肺がん、心不全などの診療をおこないます。
心電図 不整脈や狭心症の診断をおこないます。
ホルダー心電図 24時間にわたり心電図を記録し、不整脈や狭心症の診断の手助けとなります。
24時間携帯血圧計 24時間にわたり携帯血圧計を装着し、血圧の日常変動を調べ治療に役立てます。
腹部超音波検査 腹痛の原因となりうる胆石や腫瘍の有無、肝臓・胆のう・腎臓・すい臓・膀胱・前立腺・子宮などを観察します。
骨密度検査 骨は年齢とともにもろくなってしまいます。その度合いを評価することにより、治療に役立てます。
肺機能検査 慢性呼吸不全や喘息などの診断の手助けとなります。
栄養指導 メタボリックシンドロームを予防するための食事指導を行ないます。
睡眠時無呼吸簡易検査 夜間睡眠中の呼吸状態を測る検査です。
AED  

事業所紹介TOP診療所TOP

東京勤医会のHOMEへ戻る

東京勤労者医療会トップページへ

本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。

Copyright(c)2002, Tokyo kinrosha iryokai