院長あいさつ

院長あいさつ

院長 本間 章

 私は初期研修から約10年を代々木病院で研修、診療に従事し、このたび30年ぶりに代々木病院に赴任いたしました。長らく千葉、埼玉を中心に診療をしてまいりましたので、久しぶりに都内に戻ってきて、都内の医療情勢の変化を感じております。医療制度の変化、医療技術の進歩などが急速に進み、だれもが差別なく受けられる地域包括ケアが求められるなか、それぞれの地域における医療機関がその役割を鮮明にし、地域のいろいろな病院や 施設と連携をしながら地域の医療、介護を守っていくことが、求められています。

 代々木病院は都内地域の大学病院や、大規模急性期病院での治療を終えて、在宅復帰、社会復帰を目指す患者さんに必要な治療の継続、追加などをおこなっております。リハビリ、在宅で暮らすのに必要な介護の準備を家族や訪問看護など在宅チームと院内多職種チームで検討し在宅への援助を行っております。また地域の健康づくりに友の会と一緒に取り組み、特色ある外来、健診活動なども積極的に行っていきます。今後ともよろしくお願いいたします。