訪問リハビリ

訪問リハビリ

■ 訪問リハビリについて

入院受付

病気や怪我、老化などにより、心身に何らかの障害を持った人のうち、外出が困難な方などに対して、作業療法士や理学療法士、言語聴覚士などが居宅に訪問し、 その状況に応じた訓練や精神的サポートなどを実施することで、日常生活の自立やその人らしい生活を送ってもらうための支援を行っています。
病院でのリハビリを終えて自宅に帰り、毎日のように行っていたリハビリがなくなってしまう、もしくは少なくなってしまうことで“筋力や体力が落ちてしまうのではないか” と不安に感じる方がいらっしゃいます。訪問リハビリを利用しても病院でのリハビリと比べて頻度や時間が短くなってしまいます。

入院受付

自宅で生活すること自体がリハビリの一つです。 訪問リハビリでは、実際に生活されている場面で提供されるため、入浴や更衣などの日常生活上の動作を実際の環境で確認・練習ができ、また、必要に応じて住環境整備の調整や福祉用具などの提案することができます。 身の回りのことを可能な限りご自分で行えるように支援をしたり、または、自主的に行える運動などを提案することで生活の中での活動量が増え、体力や筋力の維持・向上につながります。 利用者様に合わせてその人らしい生活とは何か、元気に暮らしていくためにはどうしていくべきかを考えながらリハビリを提供させていただいています。

■ 代々木病院の訪問リハビリ・・・医療と介護の連携で生活を支えます

入院受付

訪問リハビリの需要は多く、代々木病院では訪問リハビリの専任スタッフが1人増え4人体制となりました。現在、月〜金曜日が稼働日となっており、1日5件程度訪問しています。
移動手段は自転車を使用し、雨の日もカッパを着て回っています。
代々木病院では訪問診療を行っており、訪問リハビリの利用者様の半数は主治医として代々木病院の訪問診療を利用しています。そのため、利用者様に変化があった際には、 医師や看護師に相談することができます。また、院内にケアマネージャーもおり、利用者様の生活状況や他サービスについて意見交換しながら携わっています。利用者様の生 活についてリハビリからの視点だけでなく、医師や看護師、ケアマネージャーからの視点からも意見を聞くことができ、利用者様より良い生活を送るための連携をとりながら行 っています。

〒151-8556 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-30-7

医療法人財団 東京勤労者医療会
代々木病院

TEL:03-3404-7661(代表)
リハビリテーション室 03-3404-7612(直通)
FAX:03-3404-7456(代表)