TOP > 研修案内【医師臨床研修(初期研修)】

医師臨床研修(初期研修)

東京勤医会みさと協立病院・精神科の歩み

みさと協立病院・精神科病棟の歩みは、1980年に代々木病院に精神科病棟が開設されたところから始まります。1986年に旧みさと協立病院へ精神科病棟が移転し、1990年に現在の地へ新築移転しました。


当院の精神科は開設以来、「開放病棟医療」をベースとして、精神障害者の人権擁護、短期入院、精神科リハビリテーション、地域ケアのポリシーで運営してきました。

病棟では、急性期の患者さんもできるだけ開放病棟で療養し、患者自治会など患者同士で援助し合う治療的雰囲気づくりを心がけてきました。

外来・地域では、デイケア、共同作業所、グループホーム、患者会、家族会などと連携し、「地域生活を支援する」医療福祉を進めてきました。


当院の精神科のこれからの姿

2018年3月末をもって当院の精神科病棟は経営困難を主な理由として「休止」することになりましたが、外来と地域生活支援はこれからも継続していきます。

今後の私たちの実践の姿を次の4点に分けてご説明します。

  1. これまで以上に、「当事者主体」の医療を目指します。そのために、病棟医療で培った「話し合いの治療文化」を、地域で実践していきます。
  2. 精神保健福祉に関わるさまざまな相談ごとを寄せていただく「よろず相談所」として、地域の皆さんに頼りにしていただける病院を目指します。
  3. みさと協立病院全体の理念である「こころとからだの総合診療」の内容が充実するように、内科系を含むすべての職種のスタッフが協同して、患者さんを中心としたチームを組みます。
  4. さらに、法人の枠を超えて、地域の総合病院や診療所の皆さんと連携して、「こころとからだの総合診療」を地域でも展開し、予防から看取りまで、「誰もが人間として尊重される地域づくり」に貢献したいと願っています。

初期研修のなかでの精神科研修の位置づけ

私たちは精神科研修がすべての初期研修医にとって重要な意義を持つと考え、可能な限り受け入れてきました。

2018年3月末の病棟休止以後は、どのような形で初期研修のプログラムに貢献できるかを模索中です。したがいまして、初期研修医のローテート研修を現在は中断していることをご了解ください。

週間スケジュール(例)

午 前 午 後
病棟 PICU回診 病棟 カンファ 病棟医師カンファレンス
病棟 PICU回診 外来(陪席 予診)
病棟 PICU回診 病棟患者会 外来(予診)
病棟 PICU回診 デイケア
病棟医長回診 デイケア
病棟 or 外来 病棟カンファ  症例検討会