TOP > 研修案内【精神科専門研修】

精神科専門研修

精神科専門研修

みさと協立病院では、後期研修医(精神科専攻医)を募集しています。

患者さんとの出会いを大切にしたい、症状をなくすだけでなく患者さんの夢の実現を応援したい、当事者主体の精神科医療を実践したい、そういう意欲を持った研修医の皆さんの応募をお待ちしています。


今、「地域医療」が熱い

「地域医療」に熱い関心が向けられています。

「家庭医療」や「総合診療」の実践により、生活習慣病など慢性疾患の治療だけでなく、広く「健康増進」を通じて地域づくりに貢献したいという思いを持つ研修医、医学生が増えています。

当院は、健康促進病院(HPH)として認定されており、地域づくり活動に参画しています。

精神科医療は地域医療の中核を担う

地域医療では単に病気を治すだけではなく、患者さんやご家族と長く付き合って信頼関係を築いていくことが求められます。その際、患者さんの病気の背後に存在する生活のあり方全体、つまり家族構成、人間関係、仕事や家計のこと、大事にしている習慣や価値観などを深く理解することが必要です。そして、そういうアプローチは精神科が最も得意とするところです。「こころとからだ」の両面から、総合的かつ継続的に患者さんやご家族を支えていく地域医療を実践するためには、精神科の経験知が欠かせないのです。

「経験は宝」「苦労を取り戻す」

従来の日本の精神科医療において、患者さんの人権が尊重されているとは言えない状況が続いています。医療者側が患者さんを保護する立場で、病状悪化や問題発生を予防することが重視されていました。患者さんの人権軽視や入院の長期化は、そういう観点から生じてきたと言えます。今や、その考え方の限界が露呈し、閉塞状況の突破口が模索されています。

北海道浦河町の「べてるの家」で始まった「当事者研究」は、そうした状況を変革していくための有力な方法論となっています。

生きる困難を抱えている当事者が、仲間とともに自らの問題と向き合い、話し合いを重ねながら対処法を研究していくのです。当事者の生きる苦労を周囲の専門家が肩代わりするのではなくて、当事者自らが自分の苦労から学んでいくという意味で、「経験は宝」「苦労を取り戻す」「自分を助ける、仲間を助ける」といった表現で理念化されています。

国際標準の精神科医療を創っていこう

私たちの先輩たちは、当事者の生活のあり方に即した治療的働きかけを実践し、その知見を「生活臨床」として体系化してきました。現在は生活臨床を土台にして、精神科医療の国際標準である、当事者と専門家が協同して活動していく「コ・プロダクション」(協同創造)を試行錯誤しているところです。

ぜひ若い皆さんとともに、当事者主体の精神科医療を創っていきたいと願っています。そして、当事者のリカバリー(回復)だけでなく、専門家と言われる私たちもまたリカバリーの道を歩んでいきましょう。


精神科専門(シニア)研修医募集要項

みさと協立病院での精神科専門研修の特徴

  • 当院では1986年の精神科開設以来、専門研修に力を入れ、30名近い精神科専門医・精神保健指定医を育ててきました。
  • 2018年度から新しい専門医制度がスタートしました。当院は、国立国際医療研究センター国府台病院を基幹施設とする3年間の「専門医研修プログラム」に連携施設として参加しています。当院に所属する研修医は、当院で研修を開始し、1年目後半と2年目は国府台病院及び他の連携施設(注)で研修した後、3年目は当院に戻ります。
  • 3年間のプログラム終了により、専門医試験の受験資格が得られます。
  • それと同時に、精神保健指定医の申請資格も得られるので、8例のケースレポートを提出して審査を受けます。
  • 国立国際医療研究センター病院(東京都新宿区)と
    メンタルヘルス診療所しっぽふぁーれ(千葉県市川市、所長はACT-Jの伊藤順一郎医師)の
    2施設をローテートします

募集内容

募集人数 シニア 若干名
処 遇 常勤(正規)職員として採用
給 与
  • 給与:当院規定による
  • 賞与:当院規定による
  • 研究手当:あり(その他諸手当は、常勤職員に準ずる)
  • 宿泊施設:なし
  • 住宅手当:あり
  • 社会保険:あり(福利厚生は、常勤職員に準ずる)
出願手続き
  • 応募資格:初期研修(ジュニアレジデント)終了後であること
  • 必要書類:履歴書
応募連絡先

医療法人財団 東京勤労者医療会 みさと協立病院

〒341-0016 埼玉県三郷市田中新田273-1

電話:048-959-1811(代表)

医局担当:奥村

アドレス:mi_ikyokujimu@tokyo-kinikai.com